5大栄養素:タンパク質編

あなたはタンパク質についてどのぐらい知っていますか?

 

  1. タンパク質とは?
    ヒトが生きるために必要な栄養は5つあり、炭水化物(carbo)
    タンパク質(protein)
    脂質(fat)
    ビタミン(vitamin)
    ミネラル(mineral)
    が挙げられます。これらをまとめて、「五大栄養素」と呼びます。
    以下の栄養素の中でも特に重要な栄養素があります。
    それは、タンパク質です。ちなみにタンパク質は英語では、プロテインと言いますが語源はギリシャ語にあり、ギリシャ語の「proteus」が語源になります。
    タンパク質は1838年に、オランダ人のゲラルド・ムルダーが発見し、「protesu」と名ずけました。
    タンパク質は漢字では「蛋白質」と書きますが、「蛋」が卵を意味しています。
    上記で、5大栄養素について説明していますが5大栄養素の中でも特に重要な3つの栄養素をまとめて、「3大栄養素」と言います。
    3大栄養は、炭水化物、蛋白質、脂質があげられます。
    この3大栄養には特徴があり、炭水化物と脂質は原子記号の炭素「C」、水素「H」、酸素「S」の三つで作られています。
    因みにタンパク質は、上記の元素記号に加え窒素「N」が加わります。そして少しだけ硫黄「S」が加わります。
    ※余談ですが、炭水化物と脂質に関しては「CHO」、蛋白質に関して「CHONs」と覚えるといいです。
    栄養学を本気で学びたい人は元素記号までさかのぼって勉強することをお勧めします。

    豆知識
    蛋白質 元素割合:炭素:50~55% 水素:6.9~7.3% 酸素: 19~24% 硫黄:1~2% その他
    となっています。ちなみに、プロテインを取りすぎるとおならが臭くなると言われていますがそれには元素記号を見てもらうと原因が分かります。理由としては、N(窒素)やS(硫黄)は体内で分解される時、CやHやOとは異なりエネルギーになることが出来ずに老廃物となります。その結果、おならする時に臭い匂いになってしまうのです。詳細は後日また更新しますが、気になる方は調べて見てください。

 

 

筆者愛用プロティン

安くてコスパ良し!