起業のための資金調達

会社を起こす時どこからお金を調達しますか?

会社を起こすと決めた時誰もが通る道でまず最初に運転資金が必要になると思います。

起こすビジネスよって必要な額はまちまちだが、箱物ビジネスや在庫を抱えるビジネスの場合〜千万単位のお金が必要だと言われています。

そのため、まず起業すると決めたら多くの人をお金を集める事が必要になっていきます。

身内が資産家や会社などを経営していてお金が余っている人は話は別だが、まずお金を集めると決めたら多くの人は銀行からの融資を考えるかと思います。

しかしながら、銀行からお金を借りるとなると審査も厳しく、必ず担保が求めれます。

そうすると、多くの人は躊躇してしまい諦めてしまいます。

実際に私が通う大学の友人でwebサービスのプロタイプまで完成し、起業しようとしたが資金調達がうまく出来ず諦めた友達を2人ほど見ています。

このようにせっかく新しくビジネスを始めようとも始めるまでのハードルがとても高いです。特に日本では!

そうした中で、近年アメリカでは比較的に当たり前になっている資金調達方法でお金持ち投資家(通称エンジェル投資家と呼ばれている)やVCと略されているベンチャーキャピタルから出資という形で資金調達を行う方法が日本でも増えてきました。

 

前置きはここまでにして今日は出資という資金調達について書いていきます。

 

 

詳しく出資について説明すると、

まず起業をすると決めたら、起業家向けに出資イベントを開催しているイベントにてエンジェル投資家たちの前で作ったサービスのプレゼンをしていきます。

プレゼンではサービスの内容や、運営方法、そのサービスの将来性、そのために必要な資金の総額等々をプレゼンします。

もちろんプレゼンしたら必ず出資してもらえるとはならず、出資していただく投資家がそのビジネスに可能性を感じて初めて出資をしてもらいます。

そのため、サービスの内容は当たり前に大事でそしてプレゼンもとても重要になります。

そんなこんなで、投資家に認められて出資していただくとなったら次に出資に対してどのぐらい株数を渡すかの交渉になります。

(※渡す株は複雑なので次回にまた説明します。)

そして、交渉が成立したら晴れて出資という資金調達が完了します。

このようにVC(ベンチャーキャピタル)でも同様なプロセスを踏んでいきます。

それでは、出資していただくときにエンジェル投資家とVCのどちらに出資してもらえばいいのだろうか?

違いを簡単に説明すると、

どちらも審査は厳しいが、エンジェル投資家の方がVCよりやや基準が低いです。

そしてエンジェル投資家の場合、基本個人なので投資家本人され説得できれば出資してもらう事が出来ます。

一方で、VCは複数人の資産を持った人たちがファンドで運営しておりgive and takeを個人投資家より求められます。

ここまで、書くと出資してもらうときにはエンジェル投資家にお願いしようと考えるかもしれないが、VCから出資にもメリットがあります。

まず、VCから出資をしてもらえるとなれば個人より組織の方がやはり保有しているお金の量が違うので個人投資家よりも多く出資してもらえる事が出来ます。

また、VCでは外銀(外国投資銀行)や外資コンサル、Big4監査法人出身の人がファンドのお金を運営しているため経営に困ったときにアドバイスをもらう事が出来ます。

出資額もそうだが、一流の金融知識、経営知識を持った人からアドバイスをもらえるのは経営を始めた起業家にとってはかなりのメリットだと個人的に思います。

また出資の最大の特徴・メリットとしては、もし事業に失敗しても融資ではないので負債を抱える事はありません。

これは起業する際にかなりの後押しになると思います。

出資元から恨まれたり、謝罪に行った時にめちゃくちゃ怒られると思いますがその時は全力謝罪してください。

 

ここまで書いてきたが、このように資金調達方法として銀行からの融資以外にも出資という出資してもらう側に持ち株をいくらか売りお金を調達する方法があります。

もちろん出資と言っても金融機関の融資と同じでお金を出すからには見返りが求められているのでエンジェル投資家もVCとも審査が厳しいのでサービスの内容、プレゼンはよく考える必要があるので起業する方はぜひ頑張ってください。