Apple WatchをSeries3からSeries 4に乗り換えるべきか

結論から言うとSeries 2以前のユーザーなら買い換えるべき!

 

Series3からSeries4にかけてApple Watchは確かに進化した。

ディスプレイの面積の拡大、プロセッサーの動作速度をはじめ様々な面で進化し、使っていて不満に感じ面は今のところない。

あまり使う機会は無いが、Series 4ではスピーカーの音量が大きくなった。でも、正直どういう状況で使うのかは分からない。笑

また、Series 4ではマイクの位置がスピーカーの反対側に配置された。そのため、通話時に声を拾いやすくなったと言われている。

しかし、実際にSeries 3を持っている友人のApple Watchと比較してみるとどの程度改善されたか判断が難しい。

通話相手は問題なく僕の声が聞こえたと教えてくれたが、それはSeries 3で試してみても同じ事だ。

なので、Series1かSeries 2のApple Watchを持っている、もしくはこれから購入するかどうかを検討している人には「買い」だ。

 

 

旧モデルとの比較

実際にSeries 4を初期のモデルと比較すると、あらゆる面で劇的に進化している。

特に、LTEモデルを購入しようと考えているならば、その違いは歴然たるものになるはずだ。

しかし、LTEモデルには欠点がある。それは、バッテリー駆動時間の短さだ。

GPSモデルを使っている僕としては、今のところバッテリー駆動時間に不満は抱えてはいないがLTEモデルのApple Watchを使っている友達に聞くとバッテリー駆動時間を考えるとあまりLTEモードには出来ないという。

なので、普段iPhoneを持ち歩いているのならばGPSモデルで十分だと思う。

 

 

Series 3を持っている人

Series 4を購入しようと考えている人で、既にSeries 3を使用している人には正直Series 4の購入を勧めるべきか判断が難しい。

もちろん、Series 4のほうが上位機種であるため常に最新機種で高機能のガジェットが欲しいという人は迷わず「買い」だ。

転倒検知や心電図アプリ、広くなったディスプレイ等々はSeries 4にしかないので、買い換える意義があるだろう。

一方で、既にSeries 3を使っている人で現在のディスプレイの表示領域や機能に十分に満足している人ならば当面は満足できると思う。

付け足して言わせてもらうと、Series 4への進歩をけなしているわけではない。

なので、Series 4を買える余裕があるならば買い換える事をオススメする。